多くの鍵

安価にドアノブ交換

自分の鍵

ドアノブ交換を行うことで防犯性を高めることだけでなく、ドアノブのバリアフリー化も行うことができます。また近年では誰でも簡単にドアノブ交換ができるので、家族にドアノブ交換をお願いする家庭も増えてきています。

Read more...

ドアノブの交換

様々な鍵

ドアノブを交換する際はまずネットなどを利用し、予算に合った専門業者を選ぶことが大切です。またドアノブの交換は専門業者だけでなく、ホームセンターなどでも交換することができるようになっています。

Read more...

防犯対策とドアノブ

沢山の鍵

現在ではドアノブにもさまざまな種類が登場し、通常よりも防犯性の高いドアノブが次々登場しています。また近年ではドアノブの交換はネットなどからでも気軽に申し込むことができるようになっています。

Read more...

最先端の鍵の防犯性能

鍵とロック

鍵修理や鍵交換はこちらの鍵屋が行なっています。24時間受付ているので、深夜や早朝のトラブルにも迅速に対応します。

いつ何が起こっても対応できるように24時間年中無休で営業しています。鍵を千葉でなくしてしまっても安心ですね。

合鍵作成にかかる費用について

内部にICチップを搭載するイモビライザー搭載の鍵は、合い鍵作成などを行うとどうしても高くなります。例えば搭載していない鍵であれば物理的な複製で合い鍵作成が出来るので、一般的な金物屋などで1000程度で制作する事が可能です。 しかしイモビライザー搭載の鍵作成を依頼する場合、内部のICチップへの書き込みなどの技術が必要となるため、専門の鍵屋かディーラーに依頼する必要性があります。 その際に元となる鍵か暗号があるのであれば一万円前後の費用が必要となります。 その上、もし鍵を紛失している場合、まず鍵開けをする必要があるが有るため場合によっては断られる可能性もありますし、可能でも二万円前後の費用が必要となります。

イモビライザーの歴史について

鍵というのは「特定の人物のみ鍵を開けられる」というのを目的に付けられるものですが、一方で合い鍵や窃盗などの犯罪の為に第三者が鍵を開ける技術というのも同時に発展してきました。 なので鍵の歴史というのは、鍵の複製の歴史ともいえるのですが既存の物理的な鍵はどう工夫しても合鍵作成や複製が可能であるという事が認識され始め、電子的なロックというのに注目があつまるようになりました。 そこで、電子的な暗号を鍵とするイモビライザーが開発される事になります。イモビライザーは数学的な暗号であるため第三者の開錠は不可能であるという事で欧米などでは搭載を義務化する国も現れ始めましたが、最近ではイモビカッターというイモビライザーを無効化する道具も現れ始め、次の装置の開発に注目が集まっています。

効果的な防犯対策を施すなら防犯ガラスや防犯フィルムが人気です。効果的なグッズを活用して安全対策を徹底しましょう。

オススメリンク

  • 鍵11番では、車の中にカギを入れて閉めてしまった場合や住宅のカギを無くしてしまった場合などでも瞬時に駆けつけてくれます。