おすすめのガスコンロの利用法を解説

家電製品の購入は、日常生活を豊かに過ごすことができるかを左右する重要な買い物です。特にキッチンで使用する家電はほぼ毎日使用することになるため、慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。ガスコンロもその一つです。ガスコンロにはガステーブルとも呼ばれる据え置き型のものと、ビルトインコンロと呼ばれるシステムキッチンに組み込んで使用する型の2種類があります。賃貸や一人暮らしの場合は付け替えることのできるガステーブルが主流となっていますが、その場合はまずガスの規格とコンロを設置する場所のサイズを確認しなくてはいけません。ガス器具はプロパンガスと呼ばれるLPガスと都市ガスの2つに大きく分けることができます。特に都市ガスの場合、地域によっては特殊な規格となっている場合もあるため注意が必要です。

トッププレートに注目してガスコンロを選ぶ

ガスコンロには、トッププレート呼ばれる天板など材質によっていくつかの種類があります。見た目はもちろん、普段使用するうえで重要なポイントとなるお手入れのしやすさにも違いがあるので注意して選択しましょう。例えばホーロートップは価格も安く、耐久性に優れているため熱や傷にも強いのが特徴です。掃除がしやすい点もメリットとして挙げられますが、焦げてしまった部分を放置するとこびりついてしまうこともあります。また、見た目も重視したいという人の場合はガラストップもおすすめです。透明感のある見た目が人気でお手入れも簡単ですが、ホーロートップなどに比べると価格は高めに設定されていといえるでしょう。材質上、破損の危険性があることも考慮しておく必要があります。他にも強化ホーローやガラスコート、こびり付きを防ぐ加工がされている製品など様々なタイプをチェックしてみると選択肢の幅が広がります。

ガスコンロをさらに活用できる魚焼きグリル機能

ガスコンロをさらに活用するためには、魚焼きグリルの機能も重視して選ぶと良いでしょう。魚焼きグリルというと片面ずつ焼くタイプをイメージしてしまうかもしれませんが、最近の主流はトレーに水を入れる必要もない無水の両面焼きタイプです。上と下の両方から加熱するため時間もかからず、片面ごとにひっくり返す手間もなくなっています。また、魚焼きグリルの機能は使ったことがないという人にもおすすめしたい使いやすさに特化したタイプもあります。上位機種にはなりますが、オートグリル機能が付いているタイプは火力の調整や焼き上がりの判断も自動で行ってくれるため、失敗もなく他の料理と同時並行で進めることができる魅力があります。魚を焼くだけではなく、あたため機能や他の料理の調理にも利用することができるため、多少高価であってもこだわりを持って選びたいポイントです。