ガスコンロを購入する時のチェックポイント

何かしらの加熱した料理を作るには必要不可欠なものとしてガスコンロがありますが、そもそもの構造はガスを使って鍋やフライパンといった調理器具そのものを加熱して肉や魚、野菜といった具材を調理する加熱器具になります。ここ最近は加熱にガスを使わず、電気を使用するIHも増えており、IHの正式な名称は電磁調理器と言います。仕組みは鍋やフライパンの調理器具内にあるコイルに電流を流す事で発熱を起こし、調理器具そのものを加熱させる方法です。経済面ではご家庭で使用する通常の電力プランと組み合わせる事で割引があり、ガスや火を使わない為に安全と言われているが巷では発生する電磁波が国際的なガイドライン制限を超えているのでは?と危惧されています。またガス会社及び電力会社がガス・電気共に取り扱う相互プランも出てきており、双方の業界における競争も増してきております。

ガスコンロの正しい取扱いについて

ガスコンロは便利な調理器具ですが万が一、取扱い方法を間違えてしまうとたちまち凶器になってしまいます。ここでは正しい取扱いに関するご説明を致します。一番危険なのは幼児がお見えになるケースです。子供は好奇心の塊ですから何にでも興味を示す為に手当たり次第に触れたりします。これはどんなガスコンロにでも付いているチャイルドロック機能を使う事で未然に防ぐ事が出来ます。また昔のタイプのガスコンロであれば、壁際にある元栓を閉める事が可能でしたが、現在のガスコンロは元栓を開閉する手間が省けたかわりに容易に火を付ける事が可能で便利になった分、リスクが増したとも考えられます。ただ先程、述べたように最近の物はチィルドロックが付いております。仮に幼児がお見えにならないご家庭でもペットが同様に触れてしまい、火災が起きてしまった事例もあるようにペットがいるご家庭もチャイルドロック機能の使用は必要かと思います。

ガスコンロを購入するための気を付ける点は

ガスコンロを使って料理をする時に怖いのが、火やガスの取扱いを誤って火事やガス漏れに繋がる事です。ただ火事は消し忘れの確認を確実に行い、チャイルドロックなどを使用する事である程度、防ぐ事が出来ます。火事とは違い、ガス漏れの恐ろしい点は火と違い、もしもガスが漏れていても目に見えず、臭いでしか気付かない点です。例えば、アレルギー体質の方であれば、鼻が詰まっていたりする状況であればなかなか気付く事が難しいと思います。対策としてはガス警報器があります。なおガス警報器は設置に関する基準が細かく設定されています。大枠は都市ガスでならガス警報器の設置義務はなく、プロパンガスでは設置義務があります。この設置基準に関しては各自、お住まいの地域で確認して下さい。ただ設置義務が無くてもガス漏れを未然に防ぐ対策の1つとしてご家庭にガス警報器を設置する事をお薦めします。