多くの鍵

防犯対策とドアノブ

沢山の鍵

交換にかかる費用とは

現在の日本国内における住宅など、建築物の多くにはドアが設置されています。ドアにも様々なタイプのものがあり、開けるための手段としては、ドアノブが多くのドアに採用されています。ドアノブのタイプにもいくつかの種類があり、主には、握って回転させる円筒錠と、ハンドルを下に倒すレバーハンドル錠があります。このほかにも、固定された棒状の握りを、押す・引くで開閉するプッシュプルタイプのものもあります。ドアノブが一旦壊れてしまうと、プライバシーや防犯上でも非常に困るもので、ドアノブの購入や、ドアノブ交換を依頼することになります。かかる費用については、主に部品代と工賃がかかります。円筒錠のシンプルタイプで、10,000円前後あたりが相場となっています。レバーハンドル錠については、15,000円前後の相場となっています。

ドアノブが使われ初めてからの変遷

昔といえるような昭和の時代にもドアノブは使われてきました。その頃のドアノブ交換は、部品を買ってきて自分で取り付けたり、専門の業者に取り付けてもらったりと、取り付けについては、さほど現在との違いはありませんでした。ドアのタイプを様々なものに交換できるようになってからは、ドアノブのタイプも変わるようになってきました。これは、防犯に対する意識が高まったことや、デザイン性が取り入れられた、おしゃれなタイプのドアが普及してきたことにもあります。また、インターネットの普及によって、ドアノブ交換の方法を調べやすくなったことと、手軽に依頼することが出来るように変わってきました。現在のドアノブ交換依頼においては、ドアノブの手配から交換までを、一環して行ってもらえるサービスが普及していて、利用する側にとっても非常に便利となっています。